QNAPご購入のお客様へ
ファームアップは慎重にお願い申し上げます!



TS-231Plus


先週末にQNAP TS-231+TS-431+が登場しました。
DTCP-IPに対応したモデルです。是非、ご検討下さい。
  
 
今年は8月中旬以降、修理依頼が多くなりました。例年にない多さです。

NASが不安定になったり見えなくなったりするのが修理依頼の主な内容ですが、再起動だけで正常になる場合も多いです。どうも熱暴走が原因の一つで、日中クーラーなどが無い密閉された部屋でご利用のお客様の不具合が多かったようです。今年は例年異常に暑かった地域が多かったので、換気や周辺温度にはご配慮いただければありがたいです。

熱暴走以上に多かったのがファームアップの不具合です。

弊社出荷のHDD搭載モデルではファームアップの通知を切っているのですが、QFinderからはファームアップの推奨通知が入るようで、ファーム上げてしまうお客様が多いんですよね。バックアップなどして準備いただいていれば何をやっても良いのですが、ファームアップにはリスクや設定変更が伴う事もあるのを認識していただければ幸いです。特にVer 4.1.4 は、Twonky Server のバージョンアップがあるのでオーディオ用途のお客様は設定変更が必要な場合がございます。ご了承ください。

オリオスペック QNAPの組込状況です。

ファームウェア 4.1.3 (4.1.3 build 0408)を使用しています。 
ファームウェア詳細とダウンロードはこちら 
*ファームウェアの更新は必ずバックアップを行ってから!

ファームウェア  4.1.4は不安定要素が多いようです。特にオーディオ向けNASをご利用のお客様は設定変更や不安定要素があるのでバージョンアップはお控えください。 

現在、自動更新では 4.2.0 ベータ版の更新も可能ですが、ベータ版なので玄人向けです。一般のお客様はお控えください。4.2.0 ベータ版のサポート相談はご遠慮ください。 

オリオスペックで QNAP ハードディスク(SSD)セットをご購入のお客様へはファームウェア更新サービスも行いますので、ご相談ください。

特に不具合が無ければ、ファームウェアの更新はしなくても良いのですが、ファームウェア 4.1.1 以下のお客様には更新を強く推奨いたします。