説明書等に書いていなくて重要なお話。
Twonky001


 
Twonky Server って何?

TwonkyServerは、DLNA 、UPnP のメディアサーバー機能を持ったアプリケーションソフトになります。ソフトと言っても、QNAPのファームウェアに組み込まれておりますので別途インストールする必要はありません。

今日の時点でのOLIO SPEC 出荷ファームは
ファーム 3.7.3 Build 20120801
Twonky Server 6.0.39
になります。

一部の機種には ファーム 3.8.1 が入っています。TS-x69Proなど

Twonky Serverは
1.指定された音楽、写真、動画データフォルダを読み取りデータベース化する。
2.DLNA機能で指定されたマルチメディアデータをストリーミングする。
機能を持っております。

ネットワークオーディオ用にいうと
リッピングされた音楽データを検索してデータベース化し、ネットワークオーディオプレーヤーのリモコンやDLNA対応のアプリで指定された音楽ファイルをストリーミング再生する機能を持っています。

細かな話は後日として、お客様が覚えておいていただきたいことは一点のみ

「データベース再構築」

これ重要です。


【データベース再構築とは】
TwonkyServerのマルチメディアデータベースを初期化して、データファイルからデータベースを作り直します。

【どんな時にデータベース再構築を行うのか】
音楽データなどを追加する場合には必要ありません
・ファイル名やIDタグ情報を変更した場合
・ファイルを移動した場合
・ファイルを削除した場合
等、マルチメディアファイルの内容を変更、移動、削除した場合に必要となります。

【データベース再構築しないとどうなる】
TwonkyServerから出力される情報と、現在の情報に差異が生じます。
・Aという曲を再生したいのにBという曲が再生された。
・入っているはずの曲が見えない。
等の現象が出ます。


では、データベース再構築の方法をご紹介します。
最初から説明しますので、TwonkyServerの表示方法がわかる方は途中を読み飛ばしてください。

1.QNAP Finderから管理画面を呼び出します。
Twonky003

対象NASを1クリックして青反転させ、下の「接続」ボタンを押します。

2.ブラウザが起動して管理画面の入り口が表示されます。
Twonky004

ファームウェアによって画面が違います。
ディスプレイのマークをクリックするとユーザー名とパスワードを聞かれます。
Twonky005

変更していなければ

ユーザー名 admin
パスワード admin

です。

3.管理画面の中に入りましたら、アプリケーションの中のDLNAメディアサーバをクリック
ファームウェアによってUPnPメディアサーバーだったりDLNAだったりします。
Twonky006

中に表示されるリンクをクリック
Twonky007

4.Twonky Serverが表示されます。
Twonky008

ここで、ブラウザの「お気に入り」「ブックマーク」などに登録しておくと、次回からは直接表示可能です。
*固定IPアドレスをご利用の場合は問題ありませんが、DHCP(自動IPアドレス取得)の場合は、IPアドレスが変わる場合があります。その場合は、再度、お気に入りなどに登録してください。

Twonky Media Settingsをクリックして設定画面に入ります。

5.サーバーステータス画面
Twonky009

ここでいろいろな情報が読み取れます。
バージョン:TwonkyServerのバージョンです。
最終更新日:実際には最終更新された時間です。
ミュージックトラック:読み込まれた音楽ファイル数

6.メンテナンスをクリックして「データベース再構築」ボタンを押します。
Twonky010


若干恐ろしげな警告メッセージが出ますが、気にせず「OK」して進みます。
Twonky011

少しするとサーバーステータス画面に戻ります。
最終更新日が「実行中」にかわりデータベースを作り直しているのがわかります。
Twonky012

最終更新日に時間が表示されれば完了です。


音楽データを追加だけしていく場合には必要ありません。
ネットワークオーディオ用にNASを使い始めの場合は、いろいろな試行錯誤をされることも多いと思いますので、覚えておいてください。